×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

DOLLのTOPへ



2009.05.03購入
DORAGON MODEL G17

ボークスで購入。
M14と同時発売だったようです。

なお箱や本体にGLOCKの文字はありません。
どうやら正式な許諾は受けていないようです。
(まぁ1/1モデルガンでも同様ですが)
M92FやG17といった形式名だけなら、許諾無しでもOKなようです。

こちらはおまけが多く色違いでもう一丁ついてきます。
通販じゃないんだから…(笑)

あとガンケースとローダーが付属します。

M14よりはクセが無いのでインスト通り組めば問題ないです。
フレームはゲート跡(湯口)の3箇所が気になるので、
ニッパーでランナーから切り離したら、デザインナイフで削れるだけ削って、
300番くらいの粗いペーパーでざっくり削ってしまいます。
どうせシボ加工の部分なのでツルツルにする必要は無いです。

あとはつや消しブラックを全体に軽く塗装して
ペーパー掛けした部分と他の部分の違和感をなくします。
粒子を粗めにする為に離し気味で吹くといいです。

私はタミヤのフラットブラック(缶スプレーを使用しました)
おまけのもう一丁はタンのデザートカラーの成型色でした。

好みじゃないのでフレームは同様にブラックで、
スライドはパーカーライジング風(Mr.カラーネービーブルー+トップコートつや消し)に
塗装し直したのですが、組み上げてみると動きが渋い…

かなりタイトな設計なようで、どうやらスライド内部は
塗装しては駄目なようです。
スライド内部とフレームのレール部を
ペーパー掛けして塗装を剥がしました。

こうしてみると1/1モデルガンのようですね。
完成

マガジンキャッチボタンは別パーツですが接着が必要なので
はみ出しが無いように、組み付け後にグリップ内部に
接着剤を付けるようにして貼り付けました。

ガンケースはヒンジの真鍮線が通り辛いので、
ケースを閉じた状態で真鍮線を半分くらいまで押し込めたら、
次にケースを開いてから再度押し込んでみてください。
ケースを開閉させて真鍮線の位置を変える事で、挿入し易くなります。
気分はジャックバウアー
(注:SIGかUSPなので厳密には違います)

右腕をスッと伸ばし、左脇を締め、左手は軽く握る。
脚は肩幅ぐらいまで広げて立つ…

スライドを引くとチャンバーが押し下げられて、バレルが上向きになり、
ショートリコイル風の動きを表現します。
素晴らしい〜
担当者はかなりマニアですね。

スライドストップボタンを押し上げる事で
ホールドオープン状態も楽しめます。

流石にマガジンフォロアーとは連動していませんが、
1/6だとスライドストップボタンまでは動かないので嬉しいですね。


コンバットガンファイルのベレッタもあるし、
オートマチックは飽きてきたので
次回作は是非リボルバーでお願いします。
バレル長さ違いで2種とか美味しいですよ〜


HOME

DOLLのTOPへ