×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

2013.03.26 0:02
若干頭痛がするナァ・・・
でも3月ももう終わっちゃうんで、更新です。


「えんたー えんた〜 みっしょん〜♪」

つう訳で、4号H型仕様とP虎買って来ましたよ。
今月最終話の放送だしねぇ。

でも終わったら速攻ブームも過ぎて飽きそうな・・・
などと思いつつ、先月ボークスで予約。
ドラゴンの戦車プラモなんて、こんな機会でもないと作らないだろうし。

店舗に引き取りに行ったら、予約棚が一面ガルパン戦車でビビりました。
マジ人気あるなぁ〜

まほおねえちゃんのTigerTは購入せず・・・
そっちはタミヤのを作りたい。
ドイツ軍仕様でね。

あとはガルパンだとファインモールドの日本軍戦車2種を作りたいけど、
先にこいつらをやっつけてからだなと。


4号D型を作り始めました。

F1や深夜アニメを見つつ、2回の土日、丸々4日間掛かってここまで来ました。
戦車プラモは形になるのが早いですね。
殆どパテ修正も要らないし、塗装も全部組んでからでいいからラク。



クレオスから特色で専用カラーも出るらしいので、とりあえず塗装前まで作ってから、
他の2種も作り始めよう。





13.03.30 22:55
4号D型の組立がほぼ終了

あとは塗装して細かいパーツを取り付けるだけだ。
という訳でこいつはここでストップして、同じく4号のH型仕様に取り掛かる。

掲示板でも書いたけど、シュルツェンとマズルブレーキ、エアクリーナーは自分で何とかしなくてはならない。
まぁ見なかった事にして、キットのまま完成させるのも手ですけど。
このあたりは気分しだいかな〜
あんまり作中仕様の再現に拘りすぎると完成しない恐れがある。
ガルパン戦車製作は勢いが大事な気がするし・・・

BS11組なのでガルパン最終話を昨日見た。
11,12話連続放送で、3か月近く待たされただけに、期待度は高い。

で、見た感想は・・・

とてもよかった。

ある意味期待通りであり、更には期待以上の仕上がりでもあった。
たぶん待ってたファンの多くは大納得の最終回だったのではないでしょうか。

登場する戦車の特徴が表現されていて、後半にはさらに驚きの戦車も登場で
もうずっとニヤニヤしながら見ていました。

大洗チームの個性的だけど非力な戦車達もすべてに見せ場がつくってあり、
特に追加でシュルツェンを装備した4号が、終盤ああなるのは、もうお約束というか。
大洗チーム唯一の重戦車で、唯一黒森峰と互角に戦える装甲と主砲を持ったポルシェティーガーも
これ以上無いくらいカッコ良い見せ方だった。

とにかく、そういった部分でファンの期待通りの見せ方が心地よい。

黒森峰の重戦車軍団がもう少し狡猾でも良かった気はするけど、
そもそもあの戦力差で互角に戦うには、この流れしかなかったのだと思う。
(副隊長エリカのTigerUの活躍が殆どなかったのは残念)

商業的にはこれだけ人気が出たので、もしかしたら2期か劇場版か。
というような展開が今後ありそうな気もするけど、
あの物語としては完全にやりきった感がある。

多分、制作陣も完全燃焼のはずなので、もし続編があるなら、
大幅に内容が変わったものにならざるを得ないだろう。


放送開始前まではこんなに面白くなるとは予想外だった。
かなりハマりました。




13.03.31 17:21
自分の中で勢い衰えぬ内に、ガルパン関連を購入

結局TigerTも購入してきました。


元々タミヤ製を作りたかったのですが、ドラゴン製の一体成型のサスペンションや、
写真のような繋がっている転輪に興味が出てきた。

おまけシールは、まほ
でもこれエリカVer.あるのかな?

キットは箱の写真やイラストの作中仕様とは違う仕様っぽいけど、まぁいいかなと。
修正できるところはして、あとはキットなりで。


Megamiマガジンというのは初めて買いましたが、正直失敗でした。
表紙が超ガルパンだったので、中を見ずに買った(というかビニールで見えなかったのですが)
ピンナップとポスターばっかりで読み物が殆ど無い・・・


一応別冊っぽい付録で最終回特集が付いていましたが、内容はあまりないですね。
もう少し濃い、各場面の考察ページを期待していたのですが・・・
2冊で1900円くらいしましたが、まぁ勉強代つー事で。
この雑誌は多分もう2度と買わない・・・

モデルアートは1冊で1150円しますけど、内容が濃い。
安定感のある紙面作りなので、これなら高くても仕方ないと思える。
今回はクレオス特色のアルミナイズドシルバー攻略法、60's自衛隊特集など
相変わらず一部のマニア向けっぽい内容で俺に良し。

あとでじっくり読もう・・・



HOME