×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

2011.6.5 3:10
最近F1が無い週土曜の夜は、BSで深夜アニメを良く見る。


今晩はまず、ターミネーター2
見るのはもう何度目か…
TVだと結構カットされているなぁ…などと、なんとなく流して見る。
92年くらいの作品だっけ?アビスとかと同年代だっけか。
今見ても十分面白い。

TOPGEAR
今回はベトナム縦断編
F-4Eのキャノピーをマスキングしながら見る。
相変わらずのムチャクチャぶりだけど、若干パワー不足に感じた。
でもベトネムの人は皆親切そうで、情緒も良く旅番組としては良かったかな。
いたずらでハモンドのバイクをピンクに塗装するシーンは笑えた。

電波女と青春男
見るのは2回目だけど、ストーリーがあるようでないような?
今回はお母さんとヒロインのエリオの誕生日のお話と、
社会復帰を目指すエリオが就職活動するお話。
女の子ばかり出てくるアニメだけど、皆、妙に艶っぽい。
絵のクオリティが異様に高い。独特のOP/EDも良し。

C
こちらも見るのは2回目
現実社会と異世界を行き来して、自身の未来を担保にお金を掛けて戦うお話
シリアスな展開のようだが、結構テンポ良く話が進むので面白い。
まだキャラ紹介段階だけど父の過去の話など、ストーリーのキーポイントな展開。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
ほぼ初見。
先週F1の後で最後だけ見た。
死んだ少女「めんま」の姿が見える少年じんたんと仲間の話?
これも作画のクオリティ高し。
ヒロインの女の子のめんまがとにかく賑やかでかわいい。
じんたんのお母さんの写真の前で、自分の写真を思い出して泣いちゃうシーンと、
かにさんウィンナーで大騒ぎなシーンが良かった。


録画装置が無いので、リアルタイムで見るしかない。
なので「電波女〜」はF1の予選があると見られない。
まぁ飛ばし飛ばしで見てもあまり問題の無さそうな内容なんでいいですけど。
仮に録画しても、後から見ないだろうしなぁ…

深夜アニメだけど、どれも結構面白いというか、クオリティが高くて驚きますね。
流してみる程度には十分過ぎるかな。





2011.06.10 23:08
なんか急にB'zが聞きたくなって、CDを漁ってみたり。

昔は結構好きで、アルバムは勿論、シングルCDも毎回買ってたんですけどね。
それなりに数があるCDのコレクションを探すと、一番最後に買ったのが2001年でした。
丸10年買ってないらしい。でも今でも活動しているのは凄いですね。

最初に買ったのはRISKYあたりかな?
ハマり始めたのがそのあたりだったので、今になってみると結構初期からのファンかもしれない。
暫くして免許を取って、自分のクルマを持つようになってからは車内で聴く事が多くなった。

当時、奮発して6連のCDチェンジャーを取り付けたのですが、6枚のCDの多くはB'zでしたね。
このCDチェンジャーはその後もクルマを乗り換える度に、移植して使っていたのですが、
10年くらいして流石に劣化して音飛びが酷くなってきたので、買い替えました。
それから更に時代は流れ、今ではUSBメモリーで音楽を聴く時代になった。
いや、ホント凄い進化ですね…

話をB'zに戻すと、その後10年くらいはCDが出る毎に買っていたのですが、
なんかフと、飽きちゃったみたいで…
何度も何度も、擦り切れるくらい聴いたのは90年代後半くらいまででしょうか。
その後は、買った直後くらいに数回聴いて終わりでしたね。
多分飽き始めていたんだと思う。

別にB'zが変わったとは思わないのですが。
むしろ私が変わってしまったのか。
人間、何にでも飽きるものだと。

良く考えたら丁度そのあたりからI'veにハマり始めた時期ですね。
こちらも限定CDやゲームCDを血眼になって集めてたりしたから
単に興味がそっちに移っただけかもしれない。

そんなI'veも数年前まででしたね。こっちもおおよそ10年くらいか。
歌姫達がメジャーデビューして、一般のアニメCDとタイアップして
暫くしたらなんか飽きちゃった。
数年に1回出るコンピはともかく、最近はあまり買ってない。
久しぶりにファンサイト(半公式)をのぞいたら、知らないCDが結構発売されていて驚いた。
ショートサーキットVとか出てたんだ…
「TRIBAL LINK」というカバー版も出るようで、これは少し気になるかな。




B'zのCDを聴きながら、更新作業してますが、なんか手が止まりますね。
「Calling」とか、イントロでもうね。






2011.06.11 14:20
2011 LeMans24H開幕
今年はMazda787Bのデモ走行等も注目される。

787Bレストア作業の様子はこちら
Mazda本社に保管、展示されていたものを走れるように復元した。
自動車は生き物なので、どんなに保管状態が良くても、
定期的に走らせていないと動かなくなる。


予選が終了したが、例年通り上位陣はLMP1クラスのAudiとPeugeotが占めていいる。
決勝スタートは日本時間の23時頃。

童夢も撤退し、年々関わりが薄れていく日本とLeMans24の関係だが、
上でも書いた787Bデモ走行以外にも幾つかのトピックはある。

東日本大震災関連催しを実施
Nissan Leaf NISMO RCデモ走行
欧州Nissan LMP2クラスにエンジン供給
・TMG(Toyota)LMP1クラスにエンジン供給(レベリオンレーシング

今回はF1のカナダGP予選、MotoGPはイギリスGPと被っている。
モータースポーツファンには忙しい週末になりそうだ。





2011.06.11 22:59
ルマン観戦中

スタートからスプリントレース並の鍔迫り合い
開始20分ほどでアストン2台がトラブル。
9号車はピットへ…

40分ほどで上位陣が一回目のピットを終えた。
アウディ勢1-2-3-、プジョー勢4-5-6と綺麗に並ぶ。

しかしアウディの3号車が周回遅れのフェラーリを強引にパスしようとして、大クラッシュ

タイヤバリア超えちゃってるし!見てて思わず声が出た。
カメラマンやマーシャルも間一髪。
マシンは何回転もしてバラバラだが、奇跡的にドライバーは無事でよかった。






2011.06.12 4:15
F1カナダ予選終了〜

眠い
でもチューハイ飲みながら頑張ったよ!(意味不明)

今回の予選は…

・可夢偉DRS作動せず。マシンもコースに合ってないなぁ
・結局予選もデラロサなのね。
・マッサが妙に元気
・アロンソ全開。でもベッテルはそれ以上で一人だけ13秒フラット。
・全車最終コーナー壁ギリギリ。クレイジー!
・ベッテル喜び過ぎ。Yas!Yas!Yas!

とりあえず予選は小雨程度でドライでの戦いだった。
決勝は雨との予報もあるし、元々エスケープゾーンが少なく、
高速サーキットなので荒れるコースレイアウトでもある。
SCを見据えたタイヤ戦略がキモになるだろう。

つう訳で、ルマンも気になるけどもう寝ます。
フランスは今から夜のセッション。
色々なドラマはこれから起こる…だろうな〜






2011.06.12 22:40
ルマン終了

いつもなら最後の数週はパレードラン状態になるのですが、
今年は1位と2位の差が僅か十数秒〜数十秒で推移したため最後まで緊張感があった。


2位走行中のプジョーは最後まで追い上げた。


3台中唯一生き残ったNo.2アウディ。24時間経過の瞬間。


チェッカーを受けるまでは緊張感が続く。


ゴールを祝う大観衆


勝者と敗者の図。優勝と2番手の差は大きい。


マシンの上でガッツポーズ


年に一度のお祭りが今年も終わりました。


また来年〜



さて、この後はF1でも見るか。
カナダGPは1:25〜1:50が可夢偉スペシャル番組、1:50〜3:50で地上波放送です。
明日の会社が辛いけど、見るぜ。





2011.6.27 0:08
前回のカナダは雨で2時間の中断。
可夢偉が2位の時点で中断、このまま終了ならハーフポイントも有り得ただけに、
再開か?中断か?動向が気になる。

時差の関係で地上波もLiveだったが、放送時間目一杯の4時20分頃で時間切れ。
ルマンの後なので凄く眠い。
でもここまで待ったら最後まで観たいという事で、なんとか最後まで観た。

可夢偉は良く守ったけど、路面が乾いてくるとマシン差が素直に表れてしまう。
トップのベッテルも後半はタイヤが厳しそうで、上位陣の中では比較的遅めの
タイヤ交換をしたバトンがラストにスパートを掛けた。
バトンはしきりに他のドライバーのタイヤ交換のタイミングを気にしていたので、
仕掛けるタイミングを狙っていたに違いない。
最終ラップでハーフスピンしたベッテルをかわして劇的な優勝のバトンであった。

レース再開後、終わったのは6時前だ…
この日は結局、一睡もせず出社した。


今週はF1ヨーロッパGP決勝
スペイン、バレンシア市街地サーキットだ。
昨年はウェーバーがテイクオフしたなぁ…
今年の決勝レースはというと、実に退屈なレース展開であった。

ナイススタートでハミルトンを抜いたマッサだったけど、アロンソがアウト側から
いい位置に割り込んで3番手に。

しかしアロンソはピットアウト後の加速区間でスピードが伸びない?
2回目のピットアウトでも同様で、何か問題がありそうだ。

アロンソ3回目のピットは、2位のウェーバーが周回遅れのトラフィックに
引っ掛かったのを見計らってのタイミングで、絶妙。
結局ここで抜いて2位になり、そのポジションを守ったままゴールした。

ポールトゥウィンのベッテル、ウェーバーに競り勝ったアロンソ、
低速ギアトラブルがありながらも3位のウェーバーの順。
終わってみればSCも入ることなく、24台全車完走のレース。
劇的なカナダに対し、全くドラマが無いヨーロッパGPであった。


先週買ってきた1/144の戦闘機プラモ。
試しに2個だけ買ってみたのだけど、結構いい感じだったので、
お店の残り4つも全部買ってきた。

T-4が4機も出た…
F-15JとF-4EJ改は一機ずつ。F-2は出なかったな〜
ブラインドボックスだと仕方ないですね。




HOME