×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


HOME

1/43 PMA MINICHAMPS
Renault F1 Team R28 No.5(F.Alonso)

ミハエルシューマッハが引退してからのF1は
毎年変化が大きく見所が多いのですが、
2008年はある意味、今までのF1の歴史の中で
絶頂期と言える年でした。

好調な世界経済の後押しもあり、多くの自動車メーカーが参戦し、
注ぎ込まれる予算も青天井。

シンガポールでは初のナイトレースが行われ、
F1という興行に注ぎ込まれる莫大な資源と
マネーパワーをアピールしました。

そんな第15戦シンガポールで劇的な優勝をしたのが
R28を駆るアロンソでした。

アロンソの好調は次戦日本GPでも続き、連続優勝。

正直、R28は前半戦は全く勝てる見込みの無いマシンで、
優勝した2戦の時点でも、フェラーリやマクラーレン、
BMWといったライバルと同等以下のポテンシャルです。
それでもアロンソのドライビングとチーム戦略がそれを補いました。
(なおチャンピオンシップ5位の事実がそれを裏付けています)

ライバルに対し劣勢のマシンで勝つ、という所がなんともカッコイイです。



モデルは特徴的な空力デバイスが再現されています。
レギュレーション変更により、多くの空力付加物は
2008年シーズンを持って廃止されました。

写真は左がR28、右が前年のR27(コバライネン)です。
一見して判る違いは、シャークフィンと呼ばれる長い「ヒレ」と、
フロントのブリッジウィングの有無です。

仔細に見ていくと殆どのパーツの形状が違うことがわかります。
同じに見えるパーツも、少しづつ最適化を繰り返す事で
いつの間にか、大きく姿を変える事になります。

わずかな変化に莫大な資金と時間を投じ、コンマ数秒を削る。
時代に見合わないスタイルかもしれませんが
その先鋭化された姿に魅了されるのです。

今後はF1がどうなってゆくのかわかりませんが
2008年は私の中で記憶に残るシーズンとなりました。





HOME