×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


HOME

kyosho 1/43
LANCIA RALLY 037 1985MonteCarlo

<簡単な実車の解説>
生産:1982-1984(コンペティツィオーネ)
排気量:1995cc
公称最大出力:280〜370ps(イベントによって異なる)
車輌重量:960kg以下
駆動方式:MR

WRCランチアと言って誰もが思い浮かぶ4台。
ストラトス、LANCIARALLY、S4、デルタ・・・
その中で2WDから4WD時代への橋渡し的存在がLANCIA RALLYだ。

ストラトスから(強引に)スイッチされたFIAT131RALLYだが
80年代に入るとその強さにも陰りが見えてきた。
そこで82年から始まるGr.Bカテゴリーへの参戦を視野に入れて、
FIATモンテカルロをベースにアバルト主導で開発された。
正式な車名は「LANCIA RALLY」だがアバルトでの開発コードSE037から
037RALLYと呼称される事も多い。

時代は既にアウディクワトロが先鞭を付けた4WDに移行しつつあったが
S4までの”つなぎ”としてコンベンショナルなMR方式が採用された。

ピニンデザインのスタイリングは流麗。
個人的には最も美しいラリーカーだと思う。
エンジンはFIAT製。
アバルトの手によりスーパーチャージャーが付加されている。
市販車は205ps、ワークスマシンでも初期型は280ps程度の出力だったが
ウォーターインジェクションシステムの採用などで
エボT〜Vへの進化の中でどんどん高出力化されていった。

京商のモデルでもエンジンは再現されており、
パイピングなども小スケールながら頑張っている。

シャーシ下部から。
この京商のモデルは良く出来ていてミッション周りもご覧の通り。

1/18のLANCIARALLYも手がけている京商ならではの抜かりの無い仕上がり。
台座にはLANCIAのエンブレムが貼り付けられていて、マニア泣かせです。
LANCIA RALLYはこのショットが一番好きです。

繊細なアンテナは別パーツで同梱されており拘りが感じられる。
カラーリングはすべてシールで再現されており良く見ると段差が・・・
ボンピンやサイドウィンカーもシールなのはちょっと悲しいかも。

でも全体的には良い雰囲気です。
テールレンズやライトの表現もばっちりでキモは押さえてあります。

買っても損は無い・・・というかLANCIARALLYファンは即買い推奨。
恐らく速攻で市場から消える人気モデルです。

今すぐお店にダッシュ!です。


HOME