×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


HOME

1/43 PMA
WILLIAMS Toyota FW29
N.ROSBERG 2007



2006年のF1デビューから頭角をメキメキ表している期待の新星がニコ・ロズベルグだ。
元F1チャンピオンのケケ・ロズベルグの息子で2世ドライバー。

なお最近のF1では中嶋一貴やネルソンピケJr.等、
2世ドライバー自体は珍しくありません。

2007年は昨年から引き続きウィリアムズで参戦。
Powerd by Toyotaを得て空力も進化したFW29ですが、
ウイリアムズはプライベートチームなので
自動車メーカー系のトップチームとの差は依然大きい。

マシン性能はイマイチなFW29ですが、
チームメイトのブルツに対して優れたパフォーマンスを示したニコは
コバライネン、クビサ、ハミルトン等の新世代ドライバー達と同格かそれ以上の
期待が持たれており、今後が楽しみです。

モデルは1/43のF1では定番のミニチャンプス製で、
今年流行したフロントの「ブリッジウィング」や
下部が絞り込まれたサイドポンツーンなど特徴が良く出ている。

ホイールはRAYS製で、これは日本の大阪に本社を置くホイールメーカー。
日本の自動車マニアには有名なメーカーで「VOLKRACING」や「RAYBROS」
ブランドで展開している。

ニコの活躍もあり、2007年のコンストラクターズはINGルノーに次ぐ4位。
これはボーダーフォンマクラーレンメルセデスがコンストラクターから排除された影響もあるが
HondaレーシングF1やエンジン供給元のパナソニックTOYOTAレーシングよりも上位だ。

ノックアウト方式の予選でも最終のQ3まで残る事も多々あり、
本戦のトラブルさえなければINGルノーより速かったのではなかろうか。
マシンの信頼性が低いのか、ニコのドライブが荒いせいか定かでは無いが、
少なくとも2006年のコスワースエンジン時代よりは
パフォーマンスは上がっている模様である。

エンジン開発の凍結、上限回転の制限などでエンジン差は出難くなっており
それらがプライベートチームには有利に働いている可能性もある。

兎に角、ニコ+ウィリアムズは中々良いポジションに付けているのは間違い無い。
2008年のマシン開発状況次第ではルノーやBMWザウバーと
互角に戦えるようになれるかもしれない。


HOME