×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


HOME

Doll's Listへ戻る

DD綾トップへ戻る

気が向いたので手持ちの銃で
一人お座敷シューティング大会開催

【条件、手法】
屋内で写真の中心十字を狙って射撃。
射撃中にサイトの調整や狙点の変更は行わない。
シューティングスタイルは立ち撃ちでダブルハンド保持
距離:約3m
気温:24℃
弾丸:マルイ0.25g
パワーソース:フロン134a


【グルーピング結果】
WAガバメント:4×3cm(7発)
タナカ M500:3×3cm(5発)
マルイ デザートイーグル:3×2cm(5発)



【雑感】
オートマチック2丁はブローバック反動が強く射撃時に銃が揺れてしまう。
従って連射はせず、一発ずつ少し時間をおいて慎重に射撃した。

ガバは狙点と着弾位置のズレが激しく全弾左斜め上に着弾した。
しかしながらグルーピングそのものは優秀。

M500はハンマーを手動で起してSAで射撃。
射手の腕が悪く一発逸れてしまったがそれさえなければワンホールショットに近い。
なおリボルバーの特性で近距離では着弾点が下目になるのは仕方ない。

デザートイーグルは今回射撃した中で一番優秀な結果となった。
狙点とのズレも最も少なく、射撃中の印象は一番いい。

改めて撃ち比べてみると各銃の特性が出て面白い。
どの銃も高性能でこの距離での精度に不満は無い。

3丁とも命中精度では不利なガスガン。
気温が高めな時期であることを加味しても
エアガンに対しガス圧のバラツキはある。
しかしながら結果は良好で命中精度では定評のある
一昔前のマルイのエアコッキングガン並ではないだろうか。

更に言うと、ガスブローバックだのリボルバーだのといった
不利なギミックを搭載していてこれなのだからエアガンメーカーの
技術の高さには頭が下がる思いだ。


HOME

Doll's Listへ戻る

DD綾トップへ戻る