×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


HOME

Doll's Listへ戻る

DD綾トップへ戻る

WESTERN ARMS
BERETTA M92FS
ホールドオープン
しかしクルマといい銃といいイタリアものはデザインが秀逸
このモデルはWAのマグナ92FSの中でも最初期型
WA社が商標云々を言い出してからはMADE IN JAPANと刻印が変更されている。
右面
スライドに実銃同様の刻印。
しかしこちらも現在販売されている92FSはフレーム側に
商標云々の文字が五月蝿いくらい躍っている。
トレードマークも現在ではWAのみが使用できる。
マルイ製の92Fをよーく見てみると槍が剣になっているのはず。
KSC製なんてもはや似せるという事を放棄してしまった。
バレル後端
当時はこのリアリティに驚いたものだ。
ハンマーをコックするとファイアリングピンが表れるが
マグナの機構的な問題でフレーム側にある。
(実銃はスライド側)
このあたりはガバでも同じ問題だが致し方ないところか。
MGC M92Fフィクストモデル(BERETTA USA社 USコマーシャルバージョン)と。
どっちがどっちかわかる方はかなりの通。

何気にM92系は好きなので
モデルガンではACGの92SB、MGCのM9
固定スライドガスガンは写真のMGC M92FとWAのM92FS
ブローバックでは今回紹介したM92FSと5丁を所有していた。

現在では写真の2丁以外は人手に渡ってしまったが
やはりスタイルがかっこいい銃だと思う。
エアガンとしての実射性能
実射にあたり、欠点は「ガス漏れ」の一点のみ。
初期型のM92FSは独特のバルブ形状の為ガス漏れしまくる。
数度の改良を経て現在は全く問題が無いようだが、
初期型92FSと新型マガジンは互換性が無い(上手く動作しなかった)

現行型はHOP機能も搭載されているが初期型は無し。
命中精度、パワー、作動性に問題は無い。
スライドの動きはシャープで作動音もなんともいえない硬質な音で
撃っていて気持ちがいい。

これでガス漏れがなければなぁ・・・

外観
出た当時は「凄い」と思ったが今の目で見ると粗が多い。
前述のファイアリングピンもそうだし、チャンバー装填のインジケーター
やブリーチブロックが固定されているのも物足りない。
マガジン形状もお世辞にもリアルとは言えず、
やはりモデルガンから見比べると数段見劣りする。

メッキや細かい内部メカのリファインでパーフェクトバージョン等と
謳っているようだが、パーフェクトは言い過ぎでは無いだろうか。

総評
現時点で購入できるM92FSでは一番リアルで高性能。
但し、KSC製も数度の改良でかなりレベルが向上してきているらしい。
MGC時代から細部の仕上げに関しては一枚上手だけに期待できる。
しかしながら刻印に関しては実銃同様のBERETTAの文字やマークを
気にする場合、事実上WAしか選択肢は無い。
一ユーザーとしては残念な事だ。


HOME

Doll's Listへ戻る

DD綾トップへ戻る