×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


HOME

Doll's Listへ戻る

DD綾トップへ戻る

KOKUSAI
COLT PYTHON 357MAGNUM
世界でも美しい銃の5指に入る名銃コルト パイソン
コルト社のアドレスも実銃そのままだ
サイドプレート、メダリオンのランパンコルト
メダリオンの跳ね馬のバックに星が無く、地球も描かれていないのはコクサイ流。
リボルバーファンを虜にするショット。
機械加工のヘアラインも再現されており雰囲気が出ている。
このチャンバーに357magを押し込む瞬間、映画や小説の主人公になりきるのだ。
6インチモデルは最も美しいモデル
4インチモデルはバランスが取れたモデル
ダーティハリー2では制服警官が使用していたがまさにそんなイメージ。
マットフィニッシュのステンレス仕様もかっこいい。
3インチモデルは通称「コンバットパイソン」
パイソンの美しいラインと短銃身ならではの凄みが同居する。
ガンブルーモデルとの比較
コクサイパイソンの初期型は表面にガンブルー調の塗装が施されていた。
ステンレスモデルの各銃身長
コクサイ製パイソンガスガンシリーズに8インチのパイソンハンターが無かったのが悔やまれる。
ここはガンショップですか?
同じ銃ばかり7丁も・・・
エアガンとしての実射性能
最低の部類。
5mでターゲットペーパーをようやく貫通するパワーには泣きたくなる。
もはやグルーピングがどうこう語る銃では無い。
耐久性も低く、バレル後端のカラーが割れてくるのが定番の故障。
パーツ単体販売は無く、フレーム&バレルASSYの交換を余儀なくされる。
しかも既にメーカーが倒産しておりパーツの入手は不可能に近い。
前期型と後期型ではHOPシステムの有無が違いだが、このパワーではHOPがあろうがなかろうが
もはやどうでもいい事だ。

外観
性能は最低だが外観は最高。
恐らく金属モデルガンの設計を踏襲したと思われる。
素晴らしく均整のとれたプロポーション、エッジの処理、刻印の正確さなど
パイソンのガスガンでこれを越える外観のものは未だに無い。
シリンダーにカートリッジを挿入できるパイソンのガスガンは希少なのだ。

総評
モデルガン的要素が強い銃。
初心者には間違ってもお勧めしない、スキモノだけがチョィスする類のものだ。
エアガンとしての機能はおまけ程度に考えて頂きたい。
コクサイというメーカーを語るときに外せないのが「リボルバーのコクサイ」というコピー。
モデルガン時代からリボルバーファンの心を掴んで離さない再現の正確さは
エアガンとして見た場合、性能や耐久性より見た目やメカの再現性を重視する結果となった。
ゆえに一部のコアファン以外は購入の対象外になってしまった。

数年前の工場の火災が原因で倒産してしまったが、復活を望むメーカーである。


HOME

Doll's Listへ戻る

DD綾トップへ戻る