×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

2010.05.12記

エツミ ポップアップストロボディフューザー E-6218

ドールイベントに行くと、標準のフラッシュにディフューザーを付けている人が多いです。
確かにイベント会場は暗いので、単焦点レンズだけでは光量が足りず、
かと言ってフラッシュを焚くと、ギラギラした絵になります。


そんな訳で購入してみた。

一応、カメラ屋も探したけど見つからず。
仕方ないのでアマゾンでポチり。
たぶんこれでいいんでしょう…?



早速、試し撮り。
環境はいつもの部屋で、屋内夜間撮影です。(室内蛍光灯)

カメラ:D40
レンズ:AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G
ISO:800
モード:絞り優先
解像度以外はトリミング無し


モデルは綾。
まずはフラッシュ無し、F値2,.2

手ブレ無しで撮るならこれくらい開放気味でSS稼ぐ感じ。
顔が暗いので人形写真としてはあまり良くない。


フラッシュ無し、蛍光灯スタンド×2を追加、F値6.3

私のサイト用写真の撮影環境としては、これが標準です。
もう少し開放側で撮る事も多い。


フラッシュあり、ディフューザーなし、F値4.5

記録写真としてなら悪くない気もしますけど、なんかハッキリクッキリし過ぎ。
背景に綾ちゃんの影がクッキリ写り込んでいるのが判ります。
典型的なフラッシュ使用時の写真です。


フラッシュあり、ディフューザーあり、F値6.3

蛍光灯スタンド使用時とかなり近い絵になりました。


フラッシュあり、ディフューザーあり、F値3.5

絞りを開放側に。全体的に明るくなった。


フラッシュあり、ディフューザーあり、F値2.2

絞りを更に開放側に。やや白飛び気味。
ボケ度合いも多めですが好みの世界かも。



とまぁそんな感じでした。
感想としては、まぁ使えそうかなぁ…と。

イベントでは威力を発揮しそうです。
通常の撮影時も蛍光灯スタンドいらなくなったかも?
1500円くらいだし、本格的なストロボを使う気も無い
私みたいなヌルい人には結構いいかもねぇ〜





HOME