×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

2008.09.12 19:42

本日はSuperGT Rd.7 ツインリンクもてぎのプラクティスを観戦してきました。




あまり知られていませんが、SuperGTのプラクティス(練習走行)は無料で見れます。
もてぎの入場料を払うだけで、駐車料金も無料でサーキットコース内の見学も無料なのです。


▲ここはHondaの第二の聖地


▲グランドスタンドから。ピットにマシンが見える。

グランドスタンドからコースを見下ろす。
到着したのは14時前で、ちょうどVitzレースの練習走行中が終わるくらいの時間帯だ。
ピットではGTマシンが14:10からの走行を控えて待機しており、レーシング(空ぶかし)でエンジンを暖めている。

久しぶりのサーキット。
充満するオイルの匂いと、魂に響くレーシングマシンの轟音を聴くだけで胸がいっぱいになってくる。
好きモノにとって、ここは天国だ。



▲パドック


▲豪華なモーターホーム


▲初音ミク Studie GLAD BMW Z4のピット裏


▲ミク一色。手前のテーブルをよく見ると・・・


▲さり気なく?ねんどろとfigmaが飾ってありました。


▲CIVIC TypeRワンメイクレースの練習走行も。


▲TypeR一色


▲ワンメイクレース用車両


▲こちらはマーシャルカー。




14:10からGTの練習走行が開始。
GT500はYellowHat YMS TOMICA GT-R、EPSON NSXが好調のようで終始1,2番手だった。

初出走となった注目のGT300の初音ミク号は開始から1時間経過してもピットから出てこず。
ようやく出てきたと思ったら一周してまたすぐピットへ。
2、3周は同じようにピットを出たり入ったり。
あまり調子が良くないようだ。

▲初音ミク Studie GLAD BMW Z4

ようやくまともに一周して、ピットインなしで初めて二周目へ。
初めてグランドスタンド前のストレートを通過w
しかし音がおかしい。
まるでチバラギ仕様の直管マフラーのように「ブブブブ〜」という音。
スピードも遅く、走るシケイン状態だ。

グランドスタンドからはこれ以上見えないが、いつまで待っても帰ってこない。
メカニック達も全員腕組で待ち構える。
心配そうだ。

これは・・・おかしいね。
結局、プラクティス終了間際にキャリアーに載せられてピットに帰宅。


▲メカニック達に押されてピットレーンに戻ってきた、みっくみく


▲ピット入り口の看板に注目。徹底的にみっくみく。



この後、TAKATA号もクレーンで引っ張られてピットに帰宅。

外傷が無いのでこちらもマシントラブルのようだ。


ここから暫くは個人的な趣味でNSX-GTが続きます。

▲中嶋さんのEPSON NSX今年から一新したカラーリングはちょいダサい。


▲REAL NSXは国内レースでは有名なW金石は従兄弟


▲Hondaのエース道上の狩るTAKATA DOME NSX


▲キンキラキンなのはRAYBRIG NSX

NSX-GTここまで。
ARTA撮り忘れてた・・・

音が煩いのはNSX、RX-7かな。
特にNSXは独特でキーンという音がするので近くに来ると一発でわかる。
GT-Rは少し低音だ。




▲市販されなかったARTA ガライヤ


▲ジムセンターフェラーリは360改F430仕様


▲MR-S このチームしらないなァ・・・


▲ZENT セルモ SC430。実はZENTはパチンコ屋なんです・・・



▲ガヤルドのエンジンかな?


▲めずらしいクルマ。MOONCRAFTエアロのプリウス。



▲ついでにコレクションホールにも寄って見る。


▲懐かしいマシン達にまた逢えたね!


▲第三期Honda F1 初優勝のRA106


▲リアウィングの英字はびっしり書いてある。


練習走行という事で地味な印象があったが、実際にはかなり楽しめた。
レース云々より、雰囲気だけ楽しみたいならこれでも十分な気がする。
お金も掛からないし、人が少ないので空いてるし、(でも結構見に来てる人はいる。)
ドライバーにサインを貰っている人もいたし、マッタリムードでいい感じ。

ピットウォーク無しで写真も沢山撮れたし、予選と決勝は場所を決めたら
あとはのんびり見るといいかもね。




HOME