×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

2008.02.02
本日はバレンタインフェアロストエンジェルスミーティングに参加しました。


AM6:00
店舗に到着。

先客は数名の模様。
顔ぶれも常連+αで、これは予想の範疇だ。
外気温は普通に氷点下だろう。
寒い・・・
とりあえず最後尾を確保し、座りこむ。
出来る事といえば、ただひたすらに待つしかない。


AM7:00頃
爪先が冷たい。
寒すぎていい加減限界だ。
この一時間で「俺は何をやっているのだろうか?」と、いつかと同じ気持ちになる。
あと3時間か・・・超長いぜ。
そう思っていた所、見慣れた顔が現れた。
そよそよさんだ。
あれ?今日はお仕事では??

そよそよさん曰く「昨日、急に予定変更で本日は休みです。」との事。
お話を伺うと今回の狙いは1/6ロスエンSRエンジェルの珠ちゃんだそうです。
「起きれれば、来ようと思ったんですけど、起きれてしまったので・・・」

迷いがある感だったので、もしかして半分くらいは私に付き合って下さるために来られたのだろうか。
悪いなぁ・・・


AM9:55
それからは2人で話しながら過ごすと、あっという間に開店直前の時間に。
開店5分前だが店長が来ない・・・
先頭集団は順番関係なしで早い者勝ち!と息巻いている。
なんだかなぁ。
別にいつものように今の隊列を維持したまま、すみかまで行けばいいやん?
店長が居ないと統制が取れないのだろうか。


AM10:00
すみかのあるテナントが開店する。
皆、ダッシュだ。
くそ、こうなりゃキャノンボール方式だ!
いかなる手段を用いても早く商品を手にしたものが勝者となるのだ。

私はいつものようにエスカレーターで上る。
そよそよさんは素早くエレベーターに飛び乗った。
お互い打ち合わせもへったくれも無い。
とにかくお互い横目で見ながら「天使のすみか」を目指すのみ。





数分後、天使のすみか到着。
しかし・・・げっ!エレベーター組みの方が早かったか!

志野は??無い?
と、瞬間後にそよそよさんがスッと志野を差し出した。
おぉ〜〜〜っ、すいません。

珠ちゃんは平台に3つ程乗っかっていた。
そよそよさん曰く、今回の入荷数は1/6の珠、綺羅が各10体、DD志野は5体のみとの事でした。
ふーっ、超ギリギリだったぜ。
DD志野はレジの奥に残り1体があるのみだ。
限定の「白」志野ドレスも残1だ。

一応、開店前待機組みは皆、希望の商品をGETできた様子。
これなら走らなくても良かったな〜

しかしDD志野の入荷数が少ない。
ある程度は予測していたが、少ないものは少ないと言わざるを得ない。
最後の志野も程なく売れて、完売御礼の札が掛かった。
開店直後に訪れた人が展示品を売ってくれないか交渉していたが、店長が居ないすみかでは判断が付かないらしい。

しばらくそよそよさんと店内を見て回る。
欲しかったフィギュアが入荷していたので購入。
そうこうするうちに志野ドレスは完売。
珠、綺羅もどんどん売れて行く。

一旦車に戻り、購入したアイテム類を置いて来て、喫茶店でしばし歓談。
再びボークスへ戻ると、珠ちゃんは完売、綺羅も残1となっていた。
バレンタインフェアのドレス類はラベンダードレスセットが完売した以外はすべて残っていた。
1/6ロスエンは何時に無く大量入荷したが、それにも増して人気も高いようだ。




帰りにカーディーラーに寄って整備完了した愛車を引き取る。
トランスミッションの3速ギアとシンクロを不具合対策品と交換したのだ。

3週間の代車生活ともこれでお別れ。
チーフメカニックから今回の整備の簡単な説明を受け、キーを受け取る。
車に乗り込み、クラッチを切ってエンジンを始動・・・あれ?なんかクラッチの感触がヘンだな?
とりあえずそのまま走り出す。
しかしやはりなんかおかしい。

車を路側帯に停車し、確認する。
どうやらクラッチペダルを目一杯踏み込んだ時に、足元にあるステアリングラックのカバーと干渉するようだ。
カバーを見るとなんか浮き上がっている。
ははァ、一度分解して取りつけ直せば良いけど、メンドクサイな。
仕方なく来た道を戻り、再入庫する。
チーフメカが凄い怪訝な顔をしてこちらに駆け寄ってきた。

「内装分解しました?」と聞くと、「いや〜していないはずなんですが・・・」と回答。
ペダルを踏み込んで実演して見せると一瞬で理解したらしく、「もしかしたら分解した可能性もありますね、すぐ直します」
実作業をした担当者を連れてきて即座に修理が始まった。

10分程で修理は完了。
若い感じのメカニックからキーを受け取る。
「内装は分解していませんが、カバーは取りつけ直しました」

・・・・あのな、キミ、そういう時はこうだ。
「申し訳ありませんでした、カバーは取りつけ直しました」
アンタが腹の中でどう思って居ようが、接客するときはこういう風に言うのだよ。

整備の合間で何かの拍子にカバーが外れた可能性があるかもしれないし、
他の担当者が外してしまったのかもしれない。その場合、キミには不手際は無いと言えるが、
別に分解した覚えが無くてもおかしくなっていたのは事実だし、
整備完成後に実走行試験も行ったはずなのに不具合が見抜けなかったのもまた事実。
要するに整備の不手際なのは明白なのだから、そこは嘘でもそういう風に言うの!

・・・などと思いながらも、まぁどうでもいいかーと「あぁ、ありがとうございました。」とキーを受け取る。
車両がちゃんと直ってさえいればどうでもいい事だ。



帰宅後、遅い昼食を取り、買ってきたフィギュアを開封。
おぉ〜これはいい。
やっぱ他のも買ってこようかなー
店頭在庫が何時まであるかわからないし、早速ボークスへ買いに行こう。

ボークスへ再度行く。
ついでに車両の整備の出来栄えを検証する。
懸案だった3速へのアップシフト時の繋がりは改善した。
以前は、時折「ゴリッ」という感触を伴っていたのだが、今は皆無だ。
他のギアポジションも確認するが、実にスムーズに入る。
回転を合わせてダウンシフトも行うが問題なし。
このあたりは整備前も同様だったが、整備後も大丈夫なようだ。

この仕上がりなら、先ほどの非礼は許そう。
満足だ。

ワインディングロードに入り、意図的に低いギアをセレクトして回転を上げる。
スタッドレスタイヤなので無理は禁物だが、エンジンの吹け上がりは最高だ。
カムが高速側に切り替わると明確なトルク変化が起き、排気音が一段とカン高くなる。
あぁ最高〜クルマはやっぱこれだよ。



ボークスでは残りのフィギュアを購入。
ついでにCMsのラリーカーコレクションSS.15 MAZDAが出ていたので一箱所望した。

レジが終わってから階段脇でブラインドBOXをこっそり開封。
うーん、大体揃ったけどシクレが無い。
MAZDAの方はRX-7が欲しかったが出たのはファミリア(323-4WD)

仕方が無いので他の店でフィギュアのシクレの開封品を購入。
RX-7は別の機会に手に入れよう。




さて、前置きが無駄に長くなりましたが
お待ちかねの購入証明コーナー(パフパフパフ〜♪)






今回は押入れ直行にせず、ちゃんと箱出しします。
明日あたりにはお披露目できるでしょう。

できれば今日アップしたかったけど超眠いのでこの辺で勘弁してください。




最後に
そよそよさん、今日もお付き合いありがとうございました。
お陰さまで志野ちゃんも無事にGETできました。


<了>


HOME