×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

DOLLのTOPへ



おなじみの箱が届きました。
中身

緩衝材無しでシュリンクパックで来ました。
まぁこれもアリか・・・
開封

うひょひょーな瞬間
早速装着

AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)

300mmの望遠レンズです。
VRUという手ブレ防止機構が付いています。

小柄なD40との組み合わせは
アンバランスな見た目になります。
ただ、構えてみるとバランスは悪くないです。

AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G

2009年3月に発売されたばかりの新製品。

単焦点レンズで超音波モーター付きなので
ボディにAF機構の無いD40でもAFができます。

こちらは極端に短く、スナッブノーズです。
SIGMAの30mm F1.4 EX DC HSMと最後まで悩みました。
AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)

天井の蛍光灯のみ、70mmで撮影
距離は約3mくらいでしょうか。
AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)

同条件で300mmで撮影
これぐらいアップになります。

VR機能offだとブレが酷いです。
VRをonにするとピタリとブレが止まります。
AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G

やはり天井の蛍光灯のみで。
距離は数十センチまで近づいて撮影。

F1.8絞り無しです。
明るさが全然違うのがわかります。
補助灯無しでもいけそうな感触です。
シャッタースピードも異様に速いです。

AF-S DX ズームニッコール ED 18-55mm F3.5-5.6G II

天井の蛍光灯+スタンドライトによる補助灯2灯有り。

標準のキットレンズです。
F4.5で撮影
AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G

照明は上と同じ条件です。
F1.8開放で撮影。

ピントが合っている範囲が狭く、
周囲のボケ具合がわかるかと。

単焦点ならではの「とろけるようなボケ度合い」です。


HOME

DOLLのTOPへ