×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

DOLLのTOPへ


ここから先はお人形さんが脳内会話を繰り広げるお花畑ワールドになります。
お話見たいわぁ〜*・゜゚・ *:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)?゚・・*:.。. .。.:*・゜゚・* という方はマウスのホイールをグリグリしてね!





































































2009.02.07(土)
バンダイ 1/72 VF-25F〜その2〜


マクロスF「デカルチャーデカールキャンペーン」で
購入したVF-25Fですが、早速作り始めました。

このみん隊長:「今日で3日目・・・まだこんだけだよ〜」
まゆちゃん:「あんまり進んでないねー」
このみん隊長:「部品が多いよ〜」

まゆちゃん:「4日目です」
       「今日はここまで出来たよ〜」
       「なんか我慢できなくてもういっこ買っちゃったんだって。」
このみん隊長:「5日目だよー」
         「ようやく脚が出来たよ。」
6日目
バンダイから小包が届きました。

実は組み立て初日に部品を壊してしまい、
翌日パーツ請求のお手紙を出したのでした。

パーツ請求の方法は、
・説明書の部品注文カードをコピーし記入する。
・郵便局で定額小為替を部品代+送料分購入する。
 (小為替の対応していない端数50円以下の端数は切手を購入)
・定額小為替と部品注文カードを同封し、
説明書にある「バンダイ静岡相談センター」に封書で送る。
 (裏には自分の住所氏名年齢を忘れずに書く)
あとは、部品が届くのを楽しみに待ちます。

通常2〜3週間掛かるようですが、今回は5日で来ました。
頼んだ部品が1個で、金額も過不足なかったせいでしょうか。
それにしても早いです。
封書を開けると、丁寧な梱包がされた部品と、
バンダイさんからの一言メッセージが入っていました。

部品代はわずか60円です。
どう考えても割に合わない代金のはずですが、
サービスの一環として行っているのだと思います。

名目上は部品代となっていますが、実質は送料だけの負担で
ユーザーに部品をわけてくれているのです。
部品が一個なくてもプラモデルは完成しませんからねぇ。
こうしたサービスがあるという安心感が、
次の購買にも繋がるのだと思います。

ありがとう、バンダイさん!
壊してしまったパーツと新しいパーツ。

コクピットのキャノピーの部分です。
横着して、塗装後に石油ストーブで
乾燥させようとして溶かしてしまいました。
新しい部品も届いたので作業もやる気が出てきました。
キャノピーを改めて塗装して乾燥を待つ間に組み立てが完了!

うーん、かっこいい〜

前から後ろから眺めて完成の余韻に浸ります。
プラモ製作の至福のひととき。


でも見慣れてくるとなんだか物足りない。
やっぱり真っ白じゃね〜
この手のモデルはスミ入れで随分印象が変わります。

ボークスへ行って「ガンダムマーカー リアルタッチマーカー」を
購入して来ました。
店頭で作例が展示されていて、お手軽で効果的そうだったのです。
スミ入れの例

マーカーで適当に凹モールドをなぞって、ハミだした跡を
水を含ませた綿棒でなぞればOK。

水性なので簡単です。
スミ入れ完了

塗装の乾いたキャノピーを取り付け、
更にタイヤや引き出し脚を塗装し取り付けました。

さて、いよいよ最後の難関デカール貼りです。
デカルチャーデカールを貼る為には、主翼を一旦分解する必要があります。
作業中

おおむね張り終えたところ。
ここまでも大変でしたがなんとかなりました。
左にあるビンは「マークソフター」といって、デカール軟化剤です。
翼、特に垂直尾翼のピンクのマーキングはデコボコの部分に貼る為に
普通に貼ったのでは全然密着しないのでマークソフターは必須です。

あとは一番難しいシェリル本体の貼り付けです。
完成

ハッキリ言って全然満足の行く仕上がりではありません。
シェリルデカールはマークソフターを駆使しても皺だらけになってしまいました。

元々VF-25の背面はかなり凹凸が激しい上に、変形機構のせいで
このような大型デカールを貼るのは無理があります。

せめて変形機構を考慮したデカール分割にしてくれれば・・・と思います。
説明書のような貼り付けは本当に出来るのか?疑問です。

なんにしても私のレベルではここが限界。
仮にもう一回やっても、同じ程度の仕上がりでしょう。


まぁこうして見る分には悪くない。
真近でじっくり眺めない限りはそれっぽく見えます(笑)

せっかくのシェリルデカールですが直ぐに破れそうです。
まぁ駄目になったら全部剥がしてアルト機のシールを張り直せばいいですけどね。

とりあえず、なんとか完成しました。

毎日会社から帰ってきてコツコツ作った甲斐がありましたよ〜
久しぶりのプラモデル製作でしたが楽しく作れました。



まゆちゃん:「かっこいいね〜」

このみん隊長:「でもどこかで見たことあるような??」

まゆちゃん:「これに似てるかな?」

このみん隊長:「うーん、似てるような似てないような・・・」

まゆちゃん:「そういえば、まだもう一個同じのあるね」

このみん隊長:「うぅ〜まだまだ続くのだ〜」


HOME

DOLLのTOPへ