×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



HOME



■DDIFの修理
DDU、DDD、MDDの内部骨格である、DDIF(ディフ)
基本的な構造は変わらず、微妙なマイナーチェンジを続けて進化してきましたが
弱点は改善されていません。

特に弱いのは、
・首パーツ:ヘッドを交換する際に、引き抜きに失敗すると内部のバネを伸ばしてしまいます。
・腰パーツ:上半身と下半身を分離する際に、結合が硬いと折れてしまいます。
となります。

ここでは、DDIFの修理について一例を挙げて見たいと思います。



<首パーツ>

DDU用首パーツ

右側がボークスDDU内臓の純正品
左側が個人ディーラーさん製作の社外品

ボークス純正では中央のバネを伸ばしてしまうことが良くあります。
また可動範囲も狭いので、後々不満が出てくる部分です。
個人ディーラーさん製作の社外品はドールイベントで購入したものです。
おおむね3000円〜4000円くらいで入手できます。



MDD用首パーツ

MDDもDDUと基本構成は同じです。


破損したMDD首パーツ

しかしながらMDD用は明らかに欠陥があります。
付属のバネのテンションが高く、首のプラパーツの肉厚が薄いのと相まって
写真のように結合部にクラックが入ります。

最新のロットで改善されているかどうか不明ですが、
バネを数巻き切ってテンションを落としましょう。


<背骨パーツ>
まずは使用した工具の紹介

ピンバイス
模型用のものです。
ボークス等の模型店で購入できます。


金やすり
模型店でも買えますが、ダイソー等の100円ショップでも売っています。
数百円で買えるもので十分です。


こちらはDDIFの背骨パーツ(支柱部分)です。
根元からバッキリ折れました。


折れた基部の裏側をヤスリで削り込みました。
写真奥が加工前、手前が加工後


折れた支柱の最下部にも、ピンバイスで穴を開けます。


支柱を取り付ける前の写真です。


分かり易いように、あえて支柱の半分(半柱)のみ差し込んでみました。
折れた支柱パーツのすぐ下にある、基部を止めているボルト(ネジ)を利用して、
穴あけ加工した支柱パーツの穴を通るようにして固定します。


リカバリー完了

このように折れた支柱パーツを包み込むようにして元々あるネジで固定します。
修理費は0円です。
この部分は力が掛かる部分なので接着での復活は難しいでしょう。




背骨パーツ その2
背骨パーツと腰パーツの接合部です。


円盤状のパーツが根元からもげました。

ここは流石に無理か…と思いましたが、ばらしてじっくり観察すると、
ナットが埋め込めそうだったので試してみました。
パーツの内側をナットの形状に削りこみます。

加工が済んだら、円盤状のパーツの代わりに
大きめのワッシャーを噛ませて、皿ネジで止めました。
強度的にも不安が無く、おすすめの修理方法です。


HOME