×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

2012.09.08-09 SuperGT Rd.6 FSW

スーパーGT2012の現地観戦も今回で3回目、富士スピードウェイは2回目となります。

前回と同じく金曜の夜から待機駐車して、開門とともに駐車場へ。
そこからフリー開始までは寝て過ごします・・・


10月のWEC富士に向けて広報活動も盛んです。
TS010や東海大のルマン車両展示もあり。


サポートレースのカート


ここにもミクが。


現在の1コーナーの先にある30度バンクの跡地。
画面左から右へ渡っている斜面がソレです。


初期のFISCOには急角度のバンクがあったとのこと。
誰でもバンクを登ることが出来ますので、FSWに行ったら訪れて見るのもいいんじゃないでしょうか。


今回の500ではHSV勢は全く勢いが無かったです


8月の公式テストで登場したフェンダーミラー。
Honda勢のテスト車的な役割を担う18号車にのみ装着。


鈴鹿1000km、130Rで大クラッシュのケーヒンHSV&塚越も問題なし。


痛車2台のツーショット


本来ならチャンピオンシップをリードしていてもおかしくない0号車は
セパン、鈴鹿とガス欠でガス欠でリタイヤ・・・


ピットウォークです。

今回は日曜分しか買いませんでした。
流石に何度も観てると、飽きてくるというか・・・

結局日曜分もピットウォーク券は完売しなかったようで、珍しいです。
心なしか人出が少なかったような気がします。
まぁGWのRd.2富士と比べるのもどうかとは思いますが。


CR-Z GT


CR-Z GTはミッドシップ。
トランスミッションから後ろを丸ごと外して整備中。


今回300で最速のプリウス。
直線がとにかく速かった。


鈴鹿で異次元の速さを見せたアストンマーチン
決勝レースは今回も速かったのですが、トラブルでリタイヤ・・・


SUBARU BRZ
決勝ではガライヤ、ミク号と激しい中団争いをしていました。


紫電のEVAカラーもすっかり見慣れてきたなぁ・・・
いつまで紫電で出るのだろうか。
でもFIA-GTのポルシェとかになっちゃったら、それはそれで面白くないかも。


ARTAガライヤ
最近知ったのですが、GT300勢は車両規定でヘッドライトがイエローじゃないといけないんですね。


FIA-GT3のS-Road GT-R
前回の鈴鹿で2位表彰台の関口はペナルティが重なり欠場・・・



ゲイナーアウディR8
開幕戦のウィナーだがウェィトが重いのか精彩を欠いた走り。


カーナンバーが911でわかりやすいタイサンポルシェGT3


JLOCのランボ。
お金持ちチームなので4台エントリー!


こっちは本気ドライバーのマネパランボ


イカちゃんフェラーリはピットもイカ一色。


Projectミライの4号車
同じマシン、同じチームでも0号車とは差が付くなぁ・・・


こっちは昨年ウィナーの0号車
どうでもいい事ですが、、ミクの絵柄は昨年の方が好きでした。


ここから暫くレースクィーンコーナー






















決勝レースはグランドスタンドで観る。
一応指定席券を購入してあったのですが、自由席側の方が100R〜ヘアピンが見渡せて良いです。


500は全く危なげなく終始レースをリードした12号車がポールトゥウィン。
というわけで、決勝レースは300のポルシェvsプリウスvsCR-Zの3つ巴の方が面白い展開に。


500のフィニッシュの瞬間をパチリ。
渋滞嫌いな私は、脱兎の如く帰途に着きました。

雨の予報もありましたが、結局2日間殆ど降りませんでしたね。
フリー、予選、決勝とも完全ドライでの勝負になり、各チームの戦力や戦略が素直にレースに表れていて、
久しぶりにスッキリとしたレース展開でした。

残暑厳しい2日間でしたが、SUGOほどは暑くも無くて良かったかな〜

HOME