×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME


ハセガワ 1/72 三菱 T-2 航空自衛隊 飛行教導隊 新田原基地

えーっと

前回更新したのいつだっけ?

にわかには思い出せないくらい前・・・


マスキングしました。

最初は迷彩柄にしようと思っていましたが、やっぱめんどくさくなったので箱絵のカラーにします。
これはこれでアグレッサーっぽいし。


黒塗装した。の図

さっさとこいつをやっつけて、次はザウバーC30作るんだ・・・


マスキングを剥がしてみた。
なんかようやくやる気が戻ってきた!気がする。










いきなり完成

F1のカナダP3と予選を観ながら一気に仕上げました。
観てると手が止まるんですけどね・・・



ハセガワ 1/72 三菱 T-2 航空自衛隊 飛行教導隊 新田原基地

■制作期間2011.11.05〜2012.06.10

■ディティールアップ
・シート形状変更
・シートベルト追加
・ピトー管、AOAトランスミッターを真鍮線に置き換え
・機体全体のモールドを凸から凹に彫り直し
・後部胴体灯を透明パーツに置き換え
・Qフィールピトー管を新造
・ブレードアンテナ類をプラ板で置き換え

■参考資料
モデルアートプロフィール9 航空自衛隊T-2/F-1


サボっていたので異様に制作期間が長いです。
実働はそれほど長くない・・・はず。


右側から


こうして見ると、黒トリムの「ミグシルエット」が予想以上に効果的なのがわかる。


レドームは半艶で、材質違いで黒色部分のトーンを変化させると面白い。
ピトー管は真鍮線と真鍮管で新造したが、先端部分の形状は接着剤を盛りそれっぽく。
HUDはハセガワのミラーフィニッシュで光源により虹色に変色する。


一瞬、裏表を判り難くする為のダミーキャノピー塗装。
非力なT-2で、一般部隊のF-15Jを相手にするのだから、これくらいの技は必要か。


アグレッサーの証、コブラマーク


やっぱりT-2もいいな。スマートでかっこいい。

キットは大昔のものですが、基本フォルムは良いので少し手を入れると現代風に仕上がる。
ランディングギア周りも少ないパーツ構成ながら良い造形だし、取り付けもグラつかずしっかりしている。

この夏にプラッツから1/72三菱F-1が発売されるので、そのうちT-2も出ると思いますが、
1000円程で長く遊べるハセガワ製も、考えようによっては良いでしょうか。
機会があれば作り比べてみたいですね。


<END>


HOME