×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

2012.04.28-29 Super耐久 Rd.2 ツインリクもてぎ

今年は色々レースを観に行くぞ!という事で、まずは試運転を兼ねてSuper耐久に行ってきました。

Super耐久は初めて観ます。
俗に言うジェントルマンドライバー(オーナードライバー)がメインのレースですが、
S-GTの300あたりのドライバーの名もチラホラ・・・

車両はクラスが多く、6クラスあります。
最速はFIA-GT3クラスで、これは今年からSuperGTのGT300もこれですね。
一番遅いのは1.5L(主にVitz)クラスです。


パドックの様子

今回はパドックパス/ピットウォーク/VIPテラス付きの「スーパー満喫セット」なる券を事前に購入。
駐車場も直近のP7で、とりあえずどこでも行けるという券を買いました。

まずはパドックやピットウォークの様子をご案内します。


ジャッキアップして整備中のインプレッサ

参戦車両は市販車の色合いが濃い。
なのでチューニングカーのようなレーシングカーとなります。


ランエボは重整備中?でしょうか。




スペアのF20CかK20Aあたり。


Honda車のチューニングの老舗SpoonのS2000


2L NAのST4クラスのエントリーカーはS2000、インテグラなどで占められており、事実上「Honda車クラス」になっています。
将来的にはBRZ/86なども参戦するでしょうか・・・


ST3クラスのNSX(NA2)Z33/Z34がメインのクラスですが、NSXやRX-7なども参戦しています。
しかし、ST3/4の国産スポーツカーは殆どが絶版車ですね・・・


FIA-GT3のBMW Z4

今年のGT300でも抜群に速い、FIA-GT3規格です。
Super耐久でも、他のクラスとは比べ物にならない速さです。


AMG SLS GT3

上と同じくGT3クラスの車両。
S-GT開幕戦岡山のGT300クラスでは苦戦している様子でしたが、ここでは最速です。

因みに、ガルウィングの付け根には緊急脱出用の爆薬が仕掛けてあるとか・・・


ST2クラスのランエボ]

模型メーカーの京商や美少女ゲームメーカーのアリスソフトがスポンサード。
流石に本職だけあり、痛車のグラフィックデザインが秀逸です。

ST2はランエボ/インプレッサ クラスですが、最新の]型はここだけです。
ランサーは重量の問題で旧型の方が速いようですが、このレースは基本的に型落ち車の参戦率が高いです。


ピットウォークの時間に集合写真
左側のVitzのドライバーは、女性も参加されています。



ここから暫くはサービスコーナー
独断で選んだ、特撰レースクィーン特集です。












レースクィーン特集、おわり。

ピットウォークは初めてでしたが、人が多くて疲れますね。
まぁSuperGTはもっと多いらしいですが・・・

人が密集するので、場合によっては望遠レンズが必要です。
18-55と70-300を持っていったのですが、焦点距離が合わなくて付け替えが面倒でした。



ここからマジメに決勝レースの写真。
ピットスタートのZ4 GT3


今回の目的は流し撮りの練習。
そろそろマジメに練習しようかなと。


GT3のGT-Rも参戦していましたが、早々にリタイア。原因は不明ですが「予定通り」との事・・・


一番熱かったのはST5クラスのVitz vs FIT
この2台は終始バトルしていました。
終盤ガソリン残量が怪しくなっていましたが、最終的にFITの勝利となりました。


ST4クラス最多エントリーのDC5インテグラTypeRにも痛車が居ました。

S-GTのGT300でコルベットで参戦しているチームですが、得体の知れないチームです。
痛車のグラフィックも、どこか垢抜けない、素人臭さがあります。


ST4クラス唯一の、FN2型 CIVIC TypeR Euro


長丁場となる4時間の耐久レースでは、ST2クラスのターボ勢は耐久性が厳しいのか、トラブルが続出しました。


余裕のワンツーのSLS GT3


終盤は谷口が捲くって、1号車が逆転優勝
予想はしていましたが、レース的には見所の少ない展開でした。


クラス別けが多いのは、わかり難く微妙な感じです。
1クラスあたりの参加車両数が少ないクラスもありますし・・・

参加車両も大多数が絶版車ですし、マシンに見所が無いです。
でも現状、新車で国産スポーツカー自体が殆ど無いので仕方ないのですが・・・

GT3のマシンはカッコイイですし、もう少しエントリーが増えれば盛り上がるような気もします。
(現状では4台のみ)

観客も程よい感じで、帰りの渋滞も無し。
その為観やすかったですが、運営的には厳しいでしょうね・・・

お気楽に観戦するのは丁度いいレースでした。

HOME