×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

ボークス 造形村 SWSシリーズ No.1 1/32
大日本帝國海軍 局地戦闘機 震電 J7W1(九州飛行機)

前回更新から一月近く経ってからの更新です。
このコーナーとしては正常な更新間隔(笑)

エンジンの組み立て

これがまた意外とやっかいです。
各部の合いはイマイチなので、摺り合わせが必要です。
各パーツの接着する向きなどは、判りにくい部分が多く注意が必要です。
(写真では上下の位置関係がわかるように、ペンでマーキングしています)

またエンジンの冷却フィンは、際立たせるために墨入れを実施しています。


前後の気筒を合体

インテークパイプは、そのままですと浮き気味になるので
写真のように、接合部分の穴をピンバイスで若干、拡げてやります。


一体式のインテークパイプを接着してから、
バラのパイプを一本一本挿していきます。
全部挿し終わったら、流し込み接着剤で一気に接着。
数が多いパーツは、手間を省かないとね…


過給機なども製作中

成型時のパーティングラインが結構ガッツリあるのでめどい。
ひとつひとつペーパーで研磨する。
ある程度手を抜いても、塗装したらわからないような気もしますが。


しばらくはエンジン系の臓物と格闘ですね…

<続く>


HOME