×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

ハセガワ 1/48 ノースロップ・グラマン F-14D トムキャット アイドルマスター 三浦あずさ

製作開始から、気が付けば3ヶ月。
季節も夏から秋になって、そろそろ冬の足音も聞こえてきそうな感じです。

いかん!
このままでは年越ししてしまう!
そんな訳で、週末に気合を入れて一気にスパートを掛けました。


デカールを貼る。ひたすら貼る。
キャラ絵は凹凸の激しい部分が別になっていて、微妙に親切設計。
まずは、細かいところから貼っていきます。


あずささーんの本体も貼りました。

3分割くらいに破れましたが、まぁ想定内です。
絶対破れるよこれ…

一晩おいてから、デカールの上から尾翼の仮止めのマスキングテープを貼ったのですが、
上からクリアーを掛けたにもかかわらず、マスキングテープに持っていかれてしまいました。
この断面でやる気はかなり減退…
もうなかった事にして製作中止にしようかと思いましたが、ここまでの苦労が走馬灯のように過ぎり、
遺跡の復元作業のように破片を集めて、泣く泣く復元しました。

結局、2日間、殆ど外出せず、引きこもり状態で完成させました。






<完成>
■製作期間
2010.08.07〜2010.11.08(94日間)

■参考資料
モデルアートプロフィール6 アメリカ海軍F-14トムキャット
モデルグラフィックス 2005年12月号(No.253)
モデルグラフィックス 2010年1月号(No.302)


組み立て、塗装、デカール…
すべての難易度が高く、難産でした。


途中、完成が危ぶまれましたが、なんとかゴール。


特価品\4265の文字が(笑)
今回は製作中に発売された、クレオスの新色「アメジストパープルメタリック」で塗装。
キラキラとした輝きが出る塗料で面白い仕上がりになりました。


難易度S級のデカール
大体、F-14の凸凹の機体に、この大判キャラ絵は無理がありすぎる。
更に前述のマスキングテープトラブルで補修が大変でした。
何箇所かタッチアップで凌ぎましたが、まぁまぁ目立たない仕上がりにできた。


垂直尾翼 左


垂直尾翼 右
同じ構図ですが、右側は良く見るとウィンクしています。


アイマス機の公式に則ったマーキング類。
PROJECT iMasの文字
三浦あずさの直筆サインもあります。


左翼にはTHE IDOLMASTER、尾翼には765プロダクションの文字。


これもアイマス機に共通で記載されている天使のトレードマーク。
「Advanced Media Creation Girls!!」とある。


綺麗な左手…ではなくて、機体下の装備はTARPS偵察ポッド


F-14と言えば、フェニックスミサイルのイメージですが、
今回は強行偵察をイメージし、自衛用のミサイルとしてAIM-9とAIM-120を携行。
茶色のラインはロケットモーターを、黄色のラインは実弾を意味します。


機首周り
組み立ての最後の方で、ランディングギアや扉の取り付けに意外と苦労しました。


コクピットのコンソール類も丁寧に塗り分けました。
合いの悪いキャノピーも、摺り合わせの効果でピタリと収まっている。


着艦フックも可動します。


可変翼を展開してみました。

やっぱF-14はかっこいい。
気分はファイナルカウントダウンかトップガンだぜ。


おまけ

さすが艦載機。
翼をたためば、なんとかコレクションケースに収まりました。



<END>

HOME