×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

ハセガワ 1/48 ノースロップ・グラマン F-14D トムキャット アイドルマスター 三浦あずさ


えふわんだの何だのですっかり停滞気味のあずささんです。

タミヤの大きいマスキングテープ(40mm)を購入してきて
デカールを原寸コピーしたものを型紙にして切り抜く。
貼り付け後に白がはみ出るとかっこ悪いので、気持ち小さめに切り抜く。


白を塗装した上から貼る。


しかしこのマスキングテープ、粘着力弱くね?
愛用のタミヤの10mmより遥かに弱い…
同じタミヤなのに。


羽もマスキング。めんどくせー
飛行機モデルの製作ではマスキングは避けて通れない。




キャノピーはど真ん中にパーティングラインがあります。


600番、1000番、コンパウンドの順で仕上げ。
番手が結構荒いですけどOKOK〜


キャノピーをマスキング。
ギアの扉なども裏側に白を吹いてからマスキング…


塗装完了

今回本体色はパープルの下地の上に、
Mr.カラーの新色「Mr.クリスタルカラー」を使用しました。
更に上からスーパークリアーVを上塗りしています。

使用例では黒の上から塗装するとメタリックパープル風に見えますが、
実際には光の加減で黒からパープルに変色するような感じです。

下地の色次第で様々な仕上がりになるのは面白いですね。
かなり重ね塗りしないとメタリック感が出ないので、
今回はほぼ一瓶使用しました。


細かいパーツ類も同様に塗装しました。

いつもなら半艶消し仕上げにするのですが、
今回はギラギラのクリアーにしてみました。


マスキングを剥がしてコクピットパーツを組み込みます。


事前に入念な仮組みをしてあったので、キャノピーは素直に付きます。
いやホント、このキットのキャノピーは仮組み必須ですよ。

コクピット内の色々なパーツを削りまくって、
隙間をパテ埋めしてようやく収まる。




HOME