×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

2010 FIA F1 世界選手権シリーズ第16戦 日本グランプリレース
FIA FORMULA 1 WORLD CHAMPIONSHIP
JAPANESE GRAND PRIX SUZUKA 2010



今年はフジテレビが冠スポンサーから外れました。
地上派も生中継じゃないですし、雲行きが怪しいですね。
Suzukaは3年契約なので、来年は開催されると信じていますが…




2010.10.08金曜フリー走行日

朝、始発で家を出る。
去年と同じパターンで白子には10時30分頃到着。
サーキット直行の臨時バスに揺られて駐車場〜国際レーシングコースへ向かう。

グランドスタンド前。こんなオブジェあったんだ。


午前中のセッションは既に終盤に差し掛かっていました。

とりあえず手近な最終コーナーで観戦。
今回は金曜はどこで見てもいいんです。


アロンソ

ここ2戦連続優勝だが、既に予備エンジンは無く、
チャンピオンシップ的には苦戦中。
今回は2位あたりに入れば万々歳だけど。


クビサ

最近ルノーは相対的にパフォーマンス不足。
クビサのテクニックでカバー。


スーティル

高速サーキット重視のフォースインディアのマシンでは鈴鹿は不利か。


ニコ・ヒュンケンベルグ
最近パフォーマンス向上が著しいウィリアムズ。


バリチェロも調子は良さそうだ。


ベッテル

昨年の鈴鹿覇者のベッテルはこのコースに相性がいい。
マシンも今期最強のRB6で速くないはずが無い。


シューマッハ
ニコ・ロズベルグの後塵を拝す事が多いが、鈴鹿ではいかに。


午前中のセッション終了
フリーとは言え、既にレッドブル勢の速さが目立つ結果となった。
ハミルトンはデグナーでクラッシュしたが、マシンを復元し午後の後半に復帰。


午後のセッションが始まるまでに数時間あるので、一旦コースを出る。

今年はサーキット内のキャンプ場で泊まることにしました。
テント一式は弟が既に設営完了。
昼食はスパゲッティを茹でて手短に済ませた。


午後はスプーンで見る事に。


バトンの立ち上がり。


ウェーバー


ウェーバー


アルグエルスアリ


ALGはコースオーバーが多い。
去年も予選、決勝で派手にクラッシュしてたしなぁ。


そんな感じで金曜のフリーは終了
印象としてレッドブルの仕上がりの良さが目立った。

夜は地元で有名な焼肉屋に行って、肉をテイクアウト。
キャンプ場へ戻り、焼肉とビールでおつかれさん〜


2010.10.09土曜予選

雨、雨、雨

予報通り、雨の土曜日になってしまいました。
午前中のフリー走行では、各車一周のみ走行してピットイン。
アルグエルスアリだけは周回を重ねました(が最終コーナーでスピンしてた)

フリー終了後、一旦テントに戻り昼食。
カップ麺で簡便に済ませた。
コーヒーを啜りながら、外の様子を伺うが、雨は酷くなる一方で、
「これ、無理じゃない?」と半信半疑ながらも定刻の14時にサーキットへ向かう。

結局、14:00が14:30になり、14:30が15:00になり、15:30が16:00に。
順延の連続で、結局16時前に本日の予選中止が決定された。
翌日の10時から11時の間に順延されるとのこと。

途中でグランドスタンド前に戻ってきましたが、雨の中待つのは辛い。
14時の段階で無理な感じでしたので、早く判断して欲しかったなぁ…


その晩も雨は降り続けた。
しかも風が強く、食事の準備もままなないので、
ホームセンターまで補強のアイテムを買出しに行く。
サーキット道路は渋滞が酷く、裏道に抜けてホームセンターへ。
雨風が入らないように処置したお陰で、かなり快適になった。



2010.10.10 予選&決勝

翌日は快晴

昨日一日は一体何だったのだろうか…
サーキットで雨に濡れて、テントを補強しただけじゃん…


今回はシケインの席を取りました。

値段は高いけど、いい席です。
130Rからのブレーキと、最終コーナーの立ち上がりが見えますし、
2コーナーやS字出口からデグナー入り口も見えます。
シートにはカップホルダーまで付いているよ。

日曜は去年よりも観客席が埋まっている。
グランドスタンドは空きが目立つけど、それ以外は9割くらい埋まっている居る。
値段の低いシートを用意したのと、今年のチャンピオンシップの混戦ぶりが影響しているのかも。

あと今年は特設のカメラマンシート以外では、20cm以上の望遠レンズは禁止されている。
なので日曜は写真は殆ど撮らず、生のレースを楽しみました。


午前中の予選ではやはりレッドブル2台が速さを見せつけ、ベッテル、ウェーバー、クビサの順。
ハミルトンはギアボックス交換で5グリッド降格。
予選は3番手だったのに、惜しいね。

しかしクビサ、やるなぁ。
予想以上の善戦にびっくり。
アロンソの前だぜ。

可夢偉はQ3落ち。
第二セクターまでいい感じでしたが、最後にシケインで少しミスったな。

あとはウィリアムズの2台が異様に速い。
一体何が起きているのだろうか。



午後の決勝は15時スタート。
今年は1時間遅い。その分帰宅が厳しいな。
昼食を取る前にテントを撤収。
荷物も纏めて、帰宅の準備を整えておく。
調理器具も片付けたので、昼食はコンビニ弁当で。



14時半ごろ。
席に着いたら、ディ・グラッシが既にクラッシュしていた…
まだダミーグリッドだぜ?
前代未聞の間抜けだ…


決勝レーススタート

レースはスタート直後に4台の多重クラッシュが起き、いきなりSC。
ペトロフとヒュンケンベルグが絡み、
マッサは逃げ場が無くスピン、巻き添えのリニッツィ。

SC周回中、2位のクビサが妙に車間距離が開いて不自然。
レギュレーションで10車身以上空けてはいけないはずだが…

クビサはなんと右リアホイールが脱落してリタイア…
残念。
クビサとアロンソのバトルが見たかったのに。
ルノーはいきなり2台がリタイアで悪夢だ。

レースは、一時期バトンがハードタイヤで引っ張ったせいで暫定一位でしたが
結果的にベッテル、ウェーバー、アロンソの上位3名は順位の変動が無く、
上位〜中段グループは各車の車間も結構空いていたせいもあり、
絡みが一切なく変化に乏しかったです。

そんな中で、今回のレースをギアボックス交換で望んだハミルトンは、
トラブルで3速ギアに入らない状態で走りきって5位は立派。
凄いヤツだ。

中段以降では可夢偉がヘアピンでオーバーテイクを5連発したのは盛り上がった。
抜かれた直後にスーティルがエンジントラブルでリタイアしたり、
マッサやクビサなど格上のメンバーが脱落していたお陰もあるけど、
可夢偉の7位は立派。
去年はデグナーが見所でしたが、今年はヘアピンでしたね。

あ、左近も中盤まで結構頑張っていましたね。
フリー走行で苦戦していたアルグエルスアリもクラッシュ無く走りきった。

ザウバーはニックも結構頑張っていたと思うのですが、
周りの応援は可夢偉に集中していて寂しいですね。
日本GPなので当たり前なのですが、特定のドライバーやチームを
応援していない私は違和感を覚えました。

あとシューマッハはシケインでバリチェロを抜いて以降、
終始ニコに抑えられていたのですが、シケインでかなり強引に仕掛けました。
結局その場で抜くにはいたらなかったのですが、相変わらずダーティだな。
(ニコは終盤で単独クラッシュ)

今年のSuzukaは予選の順延やスタートの混乱、
フリーでクラッシュしたり、5グリッド降格の上で交換したギアボックスが
3速に入らなかったが善戦したハミルトン、
そして何より、可夢偉のオーバーテイクショーなど
中々面白い展開になりました。


<第16戦Suzuka終了時点ポイント>
1 220 マーク・ウェバー (レッドブル)  
2 206 フェルナンド・アロンソ (フェラーリ)  
3 206 セバスチャン・ベッテル (レッドブル)  
4 192 ルイス・ハミルトン (マクラーレン)  
5 189 ジェンソン・バトン (マクラーレン)

事実上、ベッテルまでがチャンスがあるだろう。
ウェーバーは無理に勝ちに行かなくても、堅実にポイントを稼ぐだけでいいので気は楽か。


帰りの新幹線で駅弁。
今年もトンカツです(笑)



<F1 2010 Suzuka END>





HOME