×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

ハセガワ 1/48 ノースロップ・グラマン F-14D トムキャット アイドルマスター 三浦あずさ


シルバーを吹いた後にホワイトを吹く。

最近はフィニッシャーズのファンデーションホワイトがお気に入り。
値段は高いけど、発色がいい。


翼端もシルバー→ホワイト

毎度のことですが、アイマス機の成型色は無意味だ。
結局全塗装するのだし、成型色が濃いと下地塗りの手間が増えて面倒なだけだ。

塗装のし易さを考えると、白かグレーの成型色がいいのですが、
「キャラモノらしさ」を楽しむという意味では、カラフルでもいいのかも。


ギアの扉類を切り出す。

ニッパーでランナーから余裕を持って切り出し、ナイフ→やすりの順で修正
ゲート跡以外のバリも多いので丁寧に処理する。

一連の工程は丁寧にやる。
手抜きをすると、変なところが欠けたりして、却って修正の手間が増える。

プラモ作りに失敗はあまりない。
デカールやクリアパーツなどは取り返しが付かない事もあるけど、
組み立てや段差修正、塗装などは、上手くいかなかった部分は
戻って修正すればいいからだ。

でもやっぱり戻って修正は手間なので、一発で決めたいんですよね…






HOME