×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

ハセガワ 1/48 ノースロップ・グラマン F-14D トムキャット アイドルマスター 三浦あずさ


機首の修正

パーツ同士の段差が無くなるまで削り、モールドを復活させる。
厄介なのは接合部が筋彫りを兼ねている部分。

レーダードームと機首本体などは完全に接合部を平滑にすると、
ノッペリしてしまい間抜けな感じになる。
ラッカーパテ部分は脆いので筋彫りは難しいんですよね。


インテーク、機首と本体の接合部は大幅なパテ修正が必要でした。


ここも接合部兼モールドなので復活させる。


このあたりもモールドが完全に消えてしまったので復活。
ハセガワトライツールのテンプレートが大活躍。


エンジン部分も面出しに苦労する。
このキットの場合、基本的に接合部の殆どは凄く段差があると思っていい。


仮組みしてみる。

や、あまり意味は無いけど。
なんとなくモチベーションを上げる為に(笑)

カッコイイ。F-14はいいな。
アメ車って感じ。
機首が凄く長くて、平べったい。
可変翼もチョー渋い。

ここまで来たら、一度軽くグレーを吹いて傷確認をしてもいいな。
塗装に入るまであと少しだ…



HOME