×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

ハセガワ 1/48 ノースロップ・グラマン F-14D トムキャット アイドルマスター 三浦あずさ


もう何度も仮組みしているインテークですが、全然合わない。
というか、ここ絶対おかしいし!
左右のインテークどっちも、明らかにカーブが合わない。

色々削ってみたけど駄目だぁ〜
諦めて無理やり接着するか…


インテークの摺り合わせに疲れたので先端の隙間埋めをします。

写真は隙間に0.3mmのプラ板を捻じ込んだところ。
それでも大きな段差ができるので、右側に写っている
WAVEの黒い瞬間接着剤で隙間埋めします。


盛ってみた。でもヒケるねぇ…
まぁあらかた修正したらラッカーパテで埋めればいいか。


機首に取り組む。左右を接着し、下面の蓋をする。

本来ならば脚収納庫と、この蓋パーツのダボが噛み合って位置決めするのだけれど
逆に前後方向でピタリと合わない原因になっているので、
アートナイフの刃先の部分のダボを削り取ります。


ナイフでカンナ掛け&400番ペーパーで接合面の形状を
入念に整えてから接着しました。

指で押さえながら微妙な位置出しをしつつ、瞬間接着剤で点付けします。
機首パーツの後ろを写真のように切り欠くと、裏打ちしやすいです。


ベストな接着ができましたが、一箇所だけカーブが合わない。
これは仕方ない。この程度なら目を瞑ってもいいですが…


削る!
消えたモールドはラインチゼルとポンチで復活させます。


接合面にパテ盛り。
ここは段差も隙間も少ないのでラッカーパテのみでやる事にしました。

機体の外装関連は、ひとつ張り合わせるだけで時間が掛かりますね。
まず素直に付かない。摺り合わせ必須です。

機関砲のカバー、主脚の付け根、インテークは、パーツ形状が明らかにおかしいです。
またキャノピーを閉める場合、内装関連の部品をかなり削り込まないと収まらないです。
胴体も中が空洞で強度不足だし…

修正というか加工が必要な部分が多いのが、このキットの難易度が高いと言われる所以でしょうか。


HOME