×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

ハセガワ 1/48 ロッキード・マーティン F-22A ラプター アイドルマスター 天海春香

だりー
かったりー
という感じで放置気味のラプターですが…


インテーク周りの仮組みで止まっていましたが、再開します。

機体下面をNo.2の艶有り黒で塗装。
ダクトを組むと機種周りの色が塗れなくなるので、先に塗る。
因みに、AFV系もデラーの至言に「塗れない部分は見えない」という言葉があるらしいですが。

ダクトも白黒に塗り分けし、下のパーツから接着。
こうする事で、ダクトの位置出しが容易になる。
このあたりはモデルグラフィックスの作例を参考にしました。


機体上面もピンクで塗装する為に白塗装部分をマスキング。
コクピット周りもNo.33艶消し黒で塗装してからマスキングゾルでマスキングします。


機体色はほぼ説明書の指示通り。

No.63ピンクとNo.79シャインレッド、極微量と指示のあったマルーンは入れず。
混色の割合は指示通りの85:15だとなんか暗い色合いだったので95:5くらいにしてあります。
まぁアイマス機の色合いに正解は無いので、各々好きな色で塗ればいいっしょ〜


排気ダクトも塗る。

まずはNo.8シルバーで下塗りしてから、黒鉄色に塗る。


偏向ノズルもシルバー吹いた後でマスキング…


こんな感じになりました。


本体周りの塗装も大分終わった。

あとは水平尾翼とフラップの下面、ギアカバーを黒で塗れば概ね終了。
ホワイトのラインは、デカールを使おうと思っているのですが、まだ悩み中。
マスキングして、白吹いた方が綺麗で早い気もするし…

うーん、どうすっかなー


<続く>

HOME