×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME


ハセガワ 1/72 ノースロップ・グラマン E-2C ホークアイ 航空自衛隊


基本色のグレーをサフ代わりに軽くひと吹きすると、修正不足が顕になる。
結局、すべてのパテ盛り箇所の再修正を余儀なくされた。

これは機首部分です。
先端の白色のパーツと本体の分割が、モールドも兼ねているので
パテで面出しした後に、ラインチゼルで改めてモールドを引きなおしています。


比較用で、塗装前の機首。

拘らなければ、別にこのままでもいいんですけどね。
どうしても微妙な段差が気になる。
数値にすれば0.5mmも無い段差でしょうけど。

このあたりは製作者にしか判らない拘り。
たぶん完成後に見ても、言われなければ第三者が見てもわからない。
でも、プラモ作りはこのあたりが醍醐味かと。

自分だけの細かな拘りが積み重なる事で、完成後の印象が大きく変わると思うんです。
「ここは苦労したな」とか「やっぱちゃんと削ったから面が合ってる」とか。
そんなオタクな楽しみが良いというか。

なんか嬉しいじゃないですか。


<続く>

HOME