×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

ハセガワ 1/72 航空自衛隊 三菱 F-4EJ改 SuperPhantom 第3航空団 第8飛行隊(8SQ)三沢基地

一日じっくりやったのでかなり進展しました。

迷彩のマスキング

胴体のマスキングは背中の部分は上面の型紙を使い、
尾翼と機首部分は側面図から作った型紙を繋げてあります。


エアブラシのエアー吐出量を絞って細吹き。
角度の気を使いながら境界線をなぞるように吹きます。


機首のレーダードームは艶アリ黒です。


マスキングを剥がすとこんな感じ。
飛行機プラモの一番嬉しい瞬間です。


喜びも醒め止まぬうちに、無塗装部分のマスキング。
ここは説明書の塗り分けがすごく曖昧なので、別資料を参考にしました。


製作に飽きたので模型屋に行ってきました。

ハセガワ 1/72 エアクラフトウェポンX (アメリカミサイル&ランチャーセット)
リベットルーラー、ハサミ、カッターマットを購入。
ハサミとマットはダイソーです。

ハサミは長年愛用していたのが切れ味が悪くなってきたので。
マットは、あると便利そうなので購入。
今まではマスキングテープ等を空き箱の上でカットしていたのですが、
ちょっとした小物で作業効率をupしようという魂胆です。

ウェポンセットはAIM-9やAIM-7がF-4EJ改にも使えそうなので。
キットにはミサイル類が一切入っていないんですよ。
F-4EJ改にAAM-3じゃ、なんか雰囲気出ないし。

リベットルーラーも必要に感じたので購入。
パーティングライン修正をするとリベットも消えちゃうんですよね。
塗装前に買ってこいよって感じですが。
まぁ今後も使えるのでいいでしょ。


帰宅後、無塗装部分の塗装を行いました。
そのままの勢いでエナメルのブラックで全体を筆塗り。
ウォッシングの準備が完了です。




<続く>


HOME