×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

1/72 ハセガワ 航空自衛隊 主力戦闘機 F-15J EAGLE
第6航空団 第303飛行隊 創設30周年記念塗装 (52-8862/2007年3月/小松基地)


垂直尾翼を接着。

事前の仮組み&修正で、ほぼ垂直に立つように調整してありますが
マスキングテープで固定して、微妙な位置出しを行っています。
普通の接着剤で固定し、乾いてから流し込みタイプでガッチリ固定しました。

今回は記念塗装のデカールが尾翼と本体にまたがっているので、
完成後に垂直尾翼が外れてしまうとデカールも割れてしまうので、
しっかりと貼り付けます。

水平尾翼は差込のダボに瞬間接着剤を少量塗って固定。
こちらは完成後に外れても付け直せばいいだけなので簡単に固定しました。


全体にGXカラー スーパークリアーVを吹きました。
デカール貼りの下地つくりです。


キャノピーも塗装。
下地に透け防止の黒を吹いてから、グレー→マスキング→赤を塗装。


赤はベークライトをイメージして、赤、茶、黒を適当に混ぜて作りました。
マスキングを剥がし、はみ出た部分はコンパウンドで磨きました。


いよいよデカールを貼ります。
コーションが死ぬほど細かい&多いですが、ボチボチやりましょう。


垂直尾翼の記念塗装を貼ります。

ここは大判デカール一枚で表現されています。
パーツ表面が凸凹しているので、綺麗に貼るのは難易度が高いです。
まずは貼り付けて、ある程度乾いてから、
マークソフターをモールドの隙間に流し込みます。

見ての通りシワシワですが、決して上から押さえつけず
乾くのを待ちます…


細かい皺はありますが、乾くと綺麗に馴染みます。

気泡になってしまった部分は針で穴を開けて再びソフターで。
限定品はカルトグラフ製のデカールなので、厚みがある分破れ難いです。
水に漬けてからの台紙の離れも良く、ハセガワの通常品よりも好きです。


デカールの数が多いのと、貼り付けを丁寧にやるので時間が掛かります。
暫くはデカールで楽しめそうです。





<続く>

HOME