×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

1/72 ハセガワ 航空自衛隊 主力戦闘機 F-15J EAGLE
第6航空団 第303飛行隊 創設30周年記念塗装 (52-8862/2007年3月/小松基地)


コンビニで説明書を拡大コピーし、原寸にします。
ハセガワの塗装&マーキング図には丁寧に縮尺が書かれています。


迷彩用の型紙を作成

平面図なので立体に貼ると合わない部分もありますが、そこはアレンジで。
このモデルの場合、インテーク横、機首〜エアブレーキのラインは
側面図も併用しながら貼り付けていきます。


迷彩色を塗装

ボケ足をどの程度にしたいかで塗り方も変わります。
今回はF-2のように比較的ハッキリとした塗り分けにしてみました。


マスキングを剥がすと、制空迷彩が現れました。


マスキングゾルNEOを使ってパネルラインを適当にマスキング

空自独特のパネルの汚れを再現してみようと思います。
これは整備の時に、塗装が剥がれたパネルの周りだけタッチアップするので
そこだけ綺麗になる独特な汚れ方です。

戦闘機は列車や旅客機、レーシングカーなどと違い、お客に「魅せる」必要は無く、
汚れていても綺麗でも機能には差が無いので、このようなタッチアップになります。
(要はちゃんと色が着いていてサビなきゃいい)

今回のキットは記念塗装が施されており、この部分はその時だけ後から塗るので綺麗なはずです。
なのでまずはF-15の基本色を塗り、汚しを入れてから、記念塗装の部分を塗装するつもりです。

<続く>

HOME