×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

1/72 ハセガワ 航空自衛隊 主力戦闘機 F-15J EAGLE
第6航空団 第303飛行隊 創設30周年記念塗装 (52-8862/2007年3月/小松基地)


主翼のパーティングラインを埋めます。
実機のここはパネルラインではありませんので…

主翼は糊しろにMr.セメントを付けて接着。
その後Mr.セメントSを隙間に流し込んでガッチリ接着します。
接着剤が乾いてから写真のようにタミヤパテを盛ります。
今回は薄めずに、爪楊枝でチマチマ盛り付けました。


機体裏側の接合部は盛大に隙間ができてしまったので、
瞬間接着剤を流し込みました。


パテが乾いてから、割り箸に巻きつけた320番のペーパーで整形します。

可能な限り上面のツラを合わせたつもりでしたが、
翼後端(フラップ手前)が機体より低いです。

これは翼の凸カーブと機体の接合面の形状が微妙に合わないせいですね。
2回ほど盛りと整形を繰り返して、面を合わせました。


整形後にMr.カラースプレーを吹いて出来映えを確認。
問題無ければ、ラインチゼルで消えたモールドの復元をします。
ここまでやると、塗装後はどこに接合部があるかわからなくなります。


長かった本体の組み立てと下地処理が終了しました。
分割の多いキットは修正が多くて疲れますね…
次回はいよいよ本体の基本塗装に入ろうかと思います。

<続く>

HOME