×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

1/72 ハセガワ 航空自衛隊 主力戦闘機 F-15J EAGLE
第6航空団 第303飛行隊 創設30周年記念塗装 (52-8862/2007年3月/小松基地)

あけましておめでとうございます。
本年も当サイトを宜しくお願いします。


機首を胴体に合体

しかしこれが凄ーく大変でした。
ラインが全然合わない!隙間も出来まくり!
接合部のヤスリ掛けと、プラを曲げて形を整える作業で3時間は掛かったぜ。


金やすりを使いましたが、一箇所だけが削れ過ぎるので注意が必要です。

「もー駄目!これ以上は無理」っていうくらいまで擦り合わせを行ってから、
テープで仮止めして流し込み接着剤で接着。
乾燥してから320番のペーパーでガシガシ削ります。
これで多少の段差は解決だ(強引)

今回、この部分はパテ無しでいけました。


インテーク周り。これは前回の写真


で、サフ吹き後。この状態になるまで3回は修正しています。
サフ吹く→修正→サフ吹く→修正→サフ吹く→修正→サフ吹く…うがー


側面とバルカン砲周り
ここも同様。ひたすら修正。作業が地味過ぎる…


主翼の上下貼り付け後
金型のヒケが目立ちますね。あと隙間が…
ここはパネルラインでは無いので気になるなァ


まずはおおまかに瞬間接着剤で埋めました。
この後タミヤパテで埋めます。


このキットは修正地獄だ。
大物部品の殆どに「擦り合わせ、パテ埋め、ヤスリ掛け」が必要です。
たぶんF-2が簡単過ぎるだけでしょうね…
これがホントの飛行機キットの醍醐味でしょうか。


<続く>

HOME